犬アトピー性皮膚炎犬アトピー性皮膚炎

多くの皮膚病はかゆみを伴います。犬アトピー性皮膚炎は、よく見られる一般的な犬の皮膚病です。
犬アトピー性皮膚炎は、人のアトピー性皮膚炎と共通点の多い病気です。ここではその症状や原因、治療方法などについて説明していきます。
しつこいかゆみを管理し、生活の質(QOL、クオリティ オブ ライフ)を下げない治療や工夫が必要です。

病気の概要

犬アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

  • 犬アトピー性皮膚炎は、室内棲息ダニや花粉などの環境中のアレルゲン(抗原)に対する過剰な免疫反応によっておこります。
  • アレルギーが原因の一つなので、他の犬にはうつりません。
  • 遺伝が関与するため、発症しやすい犬種がいます。日本では、柴犬、フレンチブルドッグ、シーズー、ウェストハイランドホワイトテリアなどで多くみられます。
  • 比較的、若いうちに発症します。はじめはある季節だけ症状が現れますが、年齢を重ねるとともに一年中症状が出てしまうケースがあります。
  • 症状はかゆみから始まり、後に皮膚炎が現れます。そして、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
  • 完治は難しいといわれており、生涯にわたりアトピーの体質と上手に向き合い付き合うことが何よりも重要です。

犬アトピー性皮膚炎の症状

主な症状はしつこいかゆみ。若い年齢(1~3歳)から発症することが多くあります。かゆみから患部を掻き壊してしまうことで、炎症や脱毛、色素沈着が生じます。

かゆみを表す行動
  • 舐める

    舐める
  • 噛む

    噛む
  • 引っかく

    引っかく
  • 擦り付ける

    擦り付ける

症状が出やすい部位

症状が出やすい部位

耳や顔、足の先(指の間)、脇の下、お腹周り、足や尾っぽの付け根などに症状が現れやすくなっています。

犬アトピー性皮膚炎のかゆみサイクルとは?

かゆみを感じると犬は舐める、引っかく、噛む、擦るなどして患部を掻き壊してしまいます。その刺激から再びかゆみや炎症が起こり、また掻き壊す…これを繰り返すと「かゆみサイクル」と呼ばれる悪循環となり、かゆみがどんどん悪化してしまいます。「かゆみサイクル」を絶つために、かゆみは放っておかないことが重要です。

かゆみサイクル

  • 掻破<br>(そうは)

    掻破
    (そうは)

  • 神経における
    かゆみ刺激

  • 炎 症

  • かゆみ
  • 引っかき傷
  • 炎症
  • 発赤
  • 脱毛
  • 色素沈着

犬アトピー性皮膚炎の原因

犬アトピー性皮膚炎の要因は複合的です。要因がいくつも重なって発症するため、獣医師は患者の犬のためにもっとも適切と思われる治療法を選んだり組み合わせたりします。

  1. 01アレルギー体質である

    犬

    抗原に反応しやすいアレルギー体質であったりすると、犬アトピー性皮膚炎が発症しやすくなります。

  2. 02皮膚バリア機能の低下

    皮膚バリア機能

    犬アトピー性皮膚炎の犬において、抗原は皮膚から侵入します。
    健康な皮膚では、“皮膚バリア機能”がはたらくため、抗原の分子が侵入することはありません。アトピックドライスキンとよばれるアトピーの乾燥肌においては皮膚バリア機能が低下しているため、抗原が容易に通過し、アレルギー症状の引き金となります。

  3. 03室内棲息ダニや花粉など
    環境中の抗原が存在している

    室内棲息ダニや花粉など

    アトピー性皮膚炎の犬はなんらかの環境中の抗原にからだが反応してかゆみを呈します。抗原の種類が分かれば、その抗原をなるべく避けて生活する工夫ができるかもしれません。

犬アトピー性皮膚炎の診断は動物病院で

かゆみにはさまざまな原因があるため、動物病院で複数のステップを経て犬アトピー性皮膚炎を診断します。

  1. STEP01

    発症した年齢、犬種、症状や頻度から
    犬アトピー性皮膚炎を疑う。

    #
  2. STEP02

    似た症状の他の病気を除外する。

    • 寄生虫や感染症による皮膚疾患
    #
  3. STEP03

    食物の関与を調べる。

    • 食物アレルギー
    #
  4. STEP04

    必要に応じて血液検査などを行う。

    #
診断

犬アトピー性皮膚炎と診断されます。

※一般的なステップであり、全てのケースに当てはまるわけではありません。

もっと見る

治療について

犬アトピー性皮膚炎の治療

かゆみや症状を緩和するための薬物療法、スキンケアを組み合わせて行います。食事を工夫したりサプリメントで栄養を取り入れることも、広い意味で治療といえるでしょう。

お薬

お薬

経口薬(錠剤、カプセル剤)、注射薬、外用薬(スプレーやクリーム、軟膏)があります。

(例)ステロイド剤・オクラシチニブ剤・シクロスポリン剤

スキンケア

スキンケア

抗原や刺激物を皮膚表面から洗い流し、保湿をたっぷりとして皮膚バリア機能を保護することが目的です。獣医師と相談して犬の肌に合ったシャンプーや保湿剤を使用しましょう。

皮膚用のドッグフード、サプリメント

皮膚用のドッグフード、サプリメント

健康な皮膚を維持するための、オメガ脂肪酸などを豊富に含んだフードやサプリメントを取り入れると、お薬の量や頻度を減らすことができるといった治療補助効果が期待できることがあります。

かゆみを抑えるお薬の種類

犬アトピー性皮膚炎の治療に使われるお薬は経口薬や外用薬などさまざまなものがあります。ここでは一般的に使われている数種類について解説します。

飲み薬

経口ステロイド剤
経口ステロイド剤
効果
皮膚のかゆみや炎症を強力に抑制
副作用
さまざまな臓器や組織に副作用が発症しやすい

非常に効果が高く、早くかゆみを抑えるのが特徴で、古くから犬のかゆみ治療で最も多く使われてきました。しかし、長期使用時に は、副腎や肝臓などのさまざまな臓器や組織に副作用をもたらすことがあります。また、多飲多尿(飲水量と尿量が増える)や食欲増加、体重増加、肝酵素の血 中濃度が上昇する、免疫低下などが起こる場合もあり、定期的に副作用が出ていないかをモニターする必要があります。

経口ステロイド剤がもたらす主な副作用 経口ステロイド剤がもたらす主な副作用
  1. 1中枢神経系

    多飲/多尿

    情動の変化

  2. 2リンパ節

    リンパ球減少症

    免疫抑制

  3. 3循環器

    水分貯留

    筋力低下

  4. 4筋肉

    筋力低下

    腹部下垂

    菲薄(ひはく)化

    側頭筋委縮

  5. 5肝臓

    肝酵素値の上昇

    脂肪蓄積

  6. 6副腎

    副腎皮質ホルモンの産生抑制

    医原性副腎皮質機能亢進(こうしん)症(クッシング症候群)

    副腎機能抑制

  7. 7腎臓

    多尿

    蛋白漏出性糸球体腎症

    電解質バランスの不整

  8. 8すい臓

    Ⅱ型糖尿病の素因

    すい炎の素因

  9. 9ぼうこう

    易感染性の亢進(こうしん)

  10. 10皮膚・被毛

    脱毛

    皮膚の菲薄(ひはく)化

    易感染性の亢進(こうしん)

    石灰沈着

犬たちのためにつくられた
新しいお薬

オクラシチニブ 製剤
オクラシチニブ 製剤
効果
皮膚のかゆみと症状をすばやく緩和
副作用
まれに嘔吐や下痢がみられることがある

オクラシチニブ剤は、犬のために開発された新しい治療剤です。
経口ステロイド剤と同じくらい早く良く効きます。一方で、副腎などの臓器に影響を及ぼさないため、より安全性が高く長期投与でも安心です。日本では2016年から使われている新薬ですが、米国や欧州では既に数年前から使われており、「犬アトピー性皮膚炎の治療ガイドライン」の中でも高く推奨されているお薬です。副作用としては嘔吐や下痢を起こす場合がありますが、その多くは管理可能な範囲です。慢性的に長い期間使用すると免疫抑制のリスクがあります。

シクロスポリン製剤
シクロスポリン製剤
効果
皮膚のかゆみと症状を緩和。十分な効果が現れるまで4~6週間と少し時間がかかる
副作用
嘔吐や下痢を引き起こす。まれに、多毛、歯肉の肥厚、皮膚のイボ状病変が見られる

犬アトピー性皮膚炎の治療剤です。効きはじめるまでに4~6週間程度要するところが弱点ですが、長期間使用してもステロイド剤 のように副腎に影響を及ぼしません。もともと免疫抑制剤であるため、免疫が過剰にはたらいている病気(自己免疫疾患など)にも用いられることがあり、免疫 抑制の副作用を引き起こすリスクがあります。

飲み薬の注意点

お薬は処方された量と頻度を守って飲ませるようにしましょう。また、投薬中いつもと異なる様子や異変がみられた際にはすぐに獣医師 に相談ください。まれにお薬を飲み込んだふりをして飲み損ねたり、吐き出したりしてしまう子もいます。投薬後は犬がお薬を飲んだかどうかしっかり確認して ください。
犬アトピー性皮膚炎は良くなったり、悪くなったりを繰り返します。症状が治ったように見えても、ご自身の判断で投薬を中止することは控えましょう。

注射剤

犬インターフェロンy
犬インターフェロンy
効果
免疫に効果を働きかけることでかゆみを抑制
副作用
目立った副作用がない

皮下に注射をするタイプのお薬で、効き始めるまでに1ヶ月ほど時間がかかるため初めは通院や注射の手間を要します。副作用が少なく、安全性の高いお薬です。

外用薬

外用ステロイド剤
外用ステロイド剤
効果
局所のかゆみと症状を緩和させます
副作用
過剰に投与すると、皮膚が薄くなりフケが目立つようになります。

人間のアトピー性皮膚炎ではポピュラーな外用ステロイド剤ですが、犬のように毛がある皮膚では、ベタベタする軟膏のような薬は 敬遠されてきました。しかし近年、スプレータイプの外用ステロイド剤が日本でも使えるようになり、選択肢の幅が広がっています。患部にピンポイントで治療 できるため経口ステロイド剤に比べて安全に投与することができます。しかし、強いクラスの外用ステロイド剤を長く同じ部位に使用していると、「ステロイド 皮膚症」と呼ばれる副作用が起きる場合があるので注意が必要です。また、使用者がむやみに触れないように注意しましょう。

もっと見る

動画で解説

5分で犬アトピー性皮膚炎についてわかる動画です。

動物病院で定期的な診療を

犬アトピー性皮膚炎は、多因性(原因が複数関与)の病気です。原因や悪化因子、環境因子が複数からんで、病気をより複雑なものにしてい ます。同じようなかゆみがみられる他の皮膚病もあり、いくつかのステップを経て診断されます。治療選択肢も複数あり、患者によって適切な薬や治療法は異な ります。
犬アトピー性皮膚炎が、正しく診断・治療できるのは、獣医師だけ。かゆみを適切に管理すれば、犬アトピー性皮膚炎と診断されても、ご家族とともに楽しい生 活を送ることは可能です。獣医師はアトピーの犬にとって欠かせないパートナー。自己判断せずに定期的に動物病院を受診しましょう。

より安全でより安心な
かゆみの治療が受けられる動物病院

お近くの動物病院を検索できます。

動物病院をさがす

─ フィラリアの「通年予防」、はじめませんか? ─

ゾエティスフィラリア.com

─ 関節にいたみを抱えた犬の飼主さま向け情報サイト ─

犬のいたみ.com