受診のススメ

愛犬がかゆがっているときは、早めの受診が重要です

動物病院に行こう!獣医師に相談しよう!

  • 01

    早期の発見・治療を!

    かゆみを放っておくと、かきむしり、皮膚炎がおこり、ますますかゆくなる、という悪循環に陥ります。
    また、かゆみの原因の中には皮膚がんなど、命に係わる重大な病気である場合があるので、獣医師による早期診断が重要です。

  • 02

    適切な診断ができるのは、獣医師だけ!

    かゆみをもたらす皮膚病はさまざまです。その治療や対処の方法は、病気によって異なります。誤った対処をとると悪化につながることもあります。しっかり獣医師に相談して適切な診察を受けるようにしてください。

  • 02

    獣医師に薬のメリットや注意点を聞き、適切な使用を!

    かゆみ治療は日進月歩。犬専用のかゆみ治療薬は動物病院で処方される処方薬です。間違った使い方をすると副作用が心配になるケースもあるため、獣医師に薬のメリットや注意点を聞き、理解した上でご使用ください。

かゆみ記録が診察の精度を高めます

犬は、人とは違い自分で症状の重さを直接伝えることはできません。
獣医師がかゆみの診断をする際に、
いくつかの情報があると、診察がスムーズになります。

愛犬の今のかゆみを記録する

ワンコのかゆみ記録

より安全でより安心な
かゆみの治療が受けられる動物病院

お近くの動物病院を検索できます。

動物病院をさがす

─ フィラリアの「通年予防」、はじめませんか? ─

ゾエティスフィラリア.com

─ 関節にいたみを抱えた犬の飼主さま向け情報サイト ─

犬のいたみ.com